次世代グレイヘア スタイルへの想い!

【新グレイヘア の提案】

白髪の悩み別対策|3通りの実例

白髪でお悩みの多くのお客様と接するうちに、その悩みは大きく3つに分類できることに気が付きます。「白髪染めだけどもっと明るくしたい」「すぐ根元に白髪がきになるのでもう染めるのやめようか」「白髪は良いんだけどだらしなく思われたくない」それぞれの対策3通りを実例を交えて考えてみました。【明るい白髪染め】と【淡い白髪染め】をうまく施術することで、白髪でしかできないカラーを楽しめたら、きっと毎日の気分も少し上がる方も増えるのではないでしょうか?!美容室yippee 東京原宿
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアー に移行するための白髪染め!

白髪が多くて「染めても2週間くらいで 根元の白髪が気になる...」「グレイヘアー に移行したい...」という方に、yippee オリジナルの淡い白髪染めを推奨してきました。具体的な実例で50日後を検証してみました。白髪染めの概念を少し改めて、グレイヘアー を生かす1つの方法としてトライしてみてはいががでしょう!
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアー に対するマインドの変化

主婦の友社は、女性の白髪(グレイヘアー)に対するイメージの アンケート調査を2016年と2018年に実施し公開してます。注目すべき点は、ネガティブイメージの減少と、ポジティブなイメージのアップだと思います。また花王株式会社が2018年白髪染めに関するアンケート調査を実施した結果は、年をとるにつれて「オシャレがおっくう」だと感じ、1番おっくうだと感じるオシャレは「ヘアカラー・白髪染め」だそうです。
【新グレイヘア の提案】

グレイヘア にしてみたけどなんか違うと思ってる方へ!

頑張ってグレイヘア にしてみたけど、想像してたのと全然違う...よくある事です。だからと言って、黒々と染めたら以前に逆戻り…グレイヘア に移行する方は「白髪はあって当たり前」と考えてらっしゃる方も多いと思います。その想いを生かした淡くて粋な白髪染めの施術例です。
【新グレイヘア の提案】

白髪をオシャレに生かすセカンドステップ!

白髪をオシャレに生かす方法をいつも考えています。今回は、前回 所々明るい部分を作って、残ってる白髪染めとの境目をぼかしたお客様の第2段階です。黒髪の部分、白髪の部分、前回明るく染めた部分、残ってる白髪染めの部分、の中間の色を細かく加え、さらに自然に白髪をぼかす方法をとらせて頂きました。いつでもグレイヘアに移行できるよう根元は空けて施術してあります。
【新グレイヘア の提案】

白髪の割合と淡い白髪染めの印象

「グレイヘアを生かした白髪染め」を推奨していますが、その上で注意すべき事があります。それは、白髪の割合や密度によって、同じ色に染めても、随分印象が違うと言う事実です。白髪90%の方と白髪10%の方の実例も公開中。日々 低ダメージで白髪染めの頻度を抑えられるヘアカラーを追求してます!
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアー を生かし ワンランク上の白髪染めを!

「白髪染め」が、単にめんどくさいものでなく、楽しくてテンションが上がるものにならないものか?日々取り組んでます。低刺激 低ダメージであること、白髪染めの頻度を減らせること、短時間で簡単であること、グレイヘアー を生かすこと。をテーマに、1部実験画像も公開中です。
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアー に移行する時のファーストステップ!

白髪染めに疲れて、もう染めるのやめてしまおうか...でも、白髪染めの部分が無くなるまでの移行期が 野暮ったくなるのでは...と不安を抱える方も多いようです。そんな方にオススメしてるのが、所々明るい部分を作って、無理なくグレイヘア に移行していく方法です。カットしながら2〜3回繰り返すと、一度に明るくするより、無理なくグレイヘアー に移行する事ができると思います。オシャレに気分良く過ごせるのではないでしょうか?カラー剤がしみた経験がある方にもオススメです。
【新グレイヘア の提案】

淡い白髪染めと共存するグレイヘアー

白髪染め もうやめたい...と思ってらっしゃる方は少なくありません。でも、白髪染めをやめた所で、みんなが 結城アンナ さん みたいに素敵になれるとも限りませんね?少し「白髪染め」の概念を変えて、白髪とうまく共存しながら移行するのが、これがらのグレイヘアーの在り方なのかもしれません。
【新グレイヘア の提案】

ロングのグレイヘアーを育てる1つの方法

白髪染めをやめてグレイヘアーに移行して行く場合、既に染めてある部分と新しく伸びてきた白髪の部分の境界線を、どれだけ自然にぼかせるか?が重要だと考えています。ロングヘアの場合、途中の段階でクッキリ2色になる事は、想像するに難くありません。そのクッキリを少しでも緩和させる方法として、既に白髪染めされてる部分を所々明るくする事を推奨しています。
テキストのコピーはできません。