昨今の美容室のトリートメント事情

昨今の美容室でのトリートメント(処理剤)
のトレンドとして〜プレックスというワード
があるようです。

(おそらくラテン語が起源の集合体という意味?)
要は髪に良い成分の集合体と捉えています。

ファイバープレックス


ファイバープレックストリートメント

オラプレックス


OLAPREXトリートメント

プレックスメント

 
モアプレックストリートメント

日々進化する美容室でのトリートメントには
それぞれ良さがあり
使用方や組み合わせで様々な可能性を感じています。

サロンでは
あまり一つの商材にとらわれ過ぎることなく
ほぼ毎回トリートメントの内容を変えて
その質感を楽しんで頂いてます。

一方で
このような商材が開発される背景に
「深刻な髪のダメージが後を絶たない」
という事実がある…のだと思います。

私たち
美容師の探究心が問われる時代なのかもしてません。

現在 個人的に気になってる成分は
ジカルボン酸グリオキシル酸

商材ではアシッドシェイパーです。

アシッドシェイパー


アシッドシェイパー

「髪を痛めることなくくせ毛を落ち着かせる」
という売りですが
身内でテストした範囲では
ブリーチや強い縮毛矯正を繰り返してる
ハイダメージの方には向いてるかもしれない?
という印象です。

メニュー化には
もう少しテストが必要です。

小さな美容室 yippee 東京 原宿

テキストのコピーはできません。