次世代グレイヘア スタイルへの想い!

次世代グレイヘア スタイルへの想い!【新グレイヘア の提案】

これからのグレイヘア(白髪)はどうあるべきか?グレイヘアを生かした淡く、低刺激、低ダメージの白髪染めや、白髪染めの頻度を減らし、美しさを取り戻すために、明るい白髪染めに移行した実例集です。

【新グレイヘア の提案】

グレイヘアーからよりオシャレなカラーに!

頑張ってグレイヘアーに移行したけど、なんだか疲れて見える...これ、グレイヘアーあるあるです。そんな時は、白髪を生かして、いつでもグレイヘアーに移行できるよう 淡い色に染める事でグッとオシャレになると思います。移行が完了した所で、お客様のテンションが下がる様では本末転倒です。
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアを最短で実現するショートカット!

グレイヘアを目指すに当たって、それを最短で実現する髪型は、ショートカットにする事です。毛先に残ってる白髪染めをバッサリ切る事で、本来の自分のになれるのかもしれません。しかし、ありのままのグレイヘアになった所で、急に老けて感じる方は非常に多いです。そんな方々には、白髪と馴染む程度に、淡い色を補うことをお勧めしています。
【新グレイヘア の提案】

白髪が目立たないカラー【染め方】

「そろそろ 白髪を受け入れてグレイヘア...」でも「いきなり ありのままも ちょっと抵抗がある...」と思っていらっしゃるなら!白髪には淡く発色し、黒髪は少しだけ明るくなるカラーの染め方はいかがでしょう?!少々白髪が伸びて来ても既染部との境目が自然で白髪が目立ちにくく、染める周期も長くなり白髪のストレスが緩和されると同時に低刺激、低ダメージで染めらるカラーです。
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアーの作り方の実例!

グレイヘアの作り方の1つの例です。暗い白髪染めの状態からスタートします。移行途中の期間も無理なく美しくなれるよう3つの段階で考えてみました!ポイントはグレイヘアに移行途中に白髪が目立たない事。グレイヘア移行の選択肢は、白髪を染めるか?染めないか?だけではないと思います。白髪をベースに少しの色味が加わるだけで、より素敵に見える方も多いと思います!白髪染めの頻度がストレスの方の参考になれば幸いです。
【新グレイヘア の提案】

60歳から ヘアスタイルを変えて更に美しくなる!

60歳は一つの区切りなのかもしれませんね。色んなものから少しづつ解放され、今まで構っていられなかった自分自身の事を大切にする時間も、やっと出来るのかもしれません。少し勇気を出して、髪型や白髪染めの色も1度リセットして、新しくトライする事で、さらに美しくなる方が沢山いらっしゃいます!
【新グレイヘア の提案】

お肌の弱い方に白髪染めを再開!

白髪染めをやめてグレイヘアを目指す理由の1つに「敏感肌で染める時 頭皮がしみる」があります。しかし、染めた部分が無くなった所で、なんだか老いた感じ...と言った問題もありがちです。皮膚の状態が落ち着いたら、低刺激で淡い白髪染めにトライしてはいかがでしょう!
【新グレイヘア の提案】

明るくできるヘナと 明るくならないヘナ!?

多くの方の黒染めを明るく染め直して、グレイヘアへ移行するお手伝いをさせて頂いてます。しかし稀にどう頑張っても、日本の薬事法を守る限り、明るくする方法が見つからない場合があります。それが現在の私の実力です。でも諦めません!じゃどうするか?私なりの考えをまとめてみました。
【新グレイヘア の提案】

白髪を生かしたグレイヘア カラーコレクション5

「白髪はあって当たり前、でも、いきなり何もしてないグレイヘアにはちょっと...」と思っていらっしゃる多くの方々を染めさせて頂いた実例集第5弾です。
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアの移行に有効な髪型って?

グレイヘアを目指すのであれば、移行するのに有利なヘアスタイルも考えるべきだと思います。ボブのような上の長い髪型だと、どうしても分け目がハッキリついて根元の白髪が既染部の色と相まって気になりやすくなると思います。分け目をぼかしたヘアスタイルにする事で、白髪も気になりづらくなり、白髪染めの周期を延ばす事もできるのではないでしょうか?
【新グレイヘア の提案】

グレイヘアへ に移行途中も美しく!

グレイヘアに移行したいけど...いきなりは、ちょっと抵抗がある。。。と思ってる方へ!途中段階も美しく過ごして頂く「明るい白髪染め」と「淡い白髪染め」のアイディア特集です。白髪にストレスを感じてる方々のヒントになれば幸いです。
テキストのコピーはできません。