新型コロナウィルスに伴う美容師の複雑な想い

新型コロナウィルスに伴う
営業自粛要請の具体的な業種が
ようやく発表されました。

美容室は対象外とされましたが
個人的には
この判断に疑問が付きまといます。

増え続ける感染者の数を見ても
世界基準から外れてるように思えてなりません。

ご周知のとおり
美容師の仕事は、どう頑張っても
ソーシャルディスタンスを保てない時間帯が生じます。

美容室のソーシャルディスタンス

特に、都心にあるサロンは
電車でご来店下さる方お客様が圧倒的に多いわけで
それだけでもお客様にリスクを負わせている事になります。

ですから
安易に「お越しください」
とは言いにくい現実があります。

まず考慮しなければならない事は
「顧客を(自身も含め)コロナウィルスに感染させない事」
だと考えています。

一方で
限界を感じてるお客様に
「こんな時だからこそ気分良くなって頂ける髪の提供」
も大切なミッションです。

そして
サロンを維持し
「お客様が戻ってくる居場所を確保する事」
が欠かせません。

今日現在 私がお伝えしたいことは

  • 我慢できる方は
    今しばらく
    ご来店をお控えください。
  • 強く髪のストレスを感じてる方は
    ご予約下さい。
    全力で美しくします。

という事です。

サロンは
存続の危機に陥るかもしれません。

でも
「生きてさえいれば取り戻せる!」
と信じています。

みんなでこの状況を乗り切りましょう!
そして
第一線で命を削って働いている
医療従事者に
敬意とエールを送りましょう。

今後も
「お客様(私自身)の感染防止」
「お客様の我慢の限界」
「政府 東京都 の要請」
「サロンの維持」
を考慮しながら
の営業の判断となります。

当たり前のことですが
サロンでは
ご来店時の手指の消毒
1客毎の椅子等のアルコール消毒
お客様が重ならない予約
マスクの着用
を徹底しております。

小さな美容室 yippee 東京 原宿
テキストのコピーはできません。