雨の日にくせ毛が膨らむ理由

雨の日は
「ブローしてもすぐセットが崩れちゃう…」
「外に出た途端、髪がウネウネ…」

くせ毛の悩みの中でも
特に多い問題です。

では
なぜそうなるのでしょう?

理由の大半は
くせ毛特有の構造に見られるようです。

その特徴とは?
1本の髪の中に
水分を吸収し膨らむ層と
水分を吸収しにくくあまり膨らまない層が
偏って不規則に存在してる事が挙げられます。
※ 直毛の場合は均等に存在している。

代表的なくせ毛の構造

くせ毛の構造コルテックス

ちなみに
各部の名称は研究者(文献)によって違いはありますが
水分を含みやすいタンパク質の層を オルソコルテックス
水分を含みにくいタンパク質の層を パラコルテックス
と言う場合が多いようです。

コルテックスは、毛髪の85~90%を占めていて
このコルテックスの状態によって
毛の太さ、硬さ、強さなどが決まり
水分の含有量で毛のしなやかさが決まると言われています。

つまり
雨などで湿度が上がると
膨らみやすい部分は水分含みより膨張し
膨らみにくい部分との差がより大きくなります。このことが
雨の日にくせ毛が膨らむ大きな理由とされれています。

じゃあなぜ
そんな髪の構造になるのでしょう?

「くせ毛の原因は?」に続く

くせ毛の原因は?
くせ毛の原因は?毛根の形とか、遺伝とか、栄養不足とか、生活習慣の乱れとか、極度なストレスとか...諸説ありますが、長い間髪に携わっている美容師としてはどれも半分正解?といった印象でしかありません。
くせ毛を理解する事から始めましょう!小さな美容室 yippee 東京 原宿
テキストのコピーはできません。