白髪

【グレイヘア の新提案】

縮毛矯正 で 艶髪 グレイヘア に!

素敵なグレイヘアにツヤは欠かせませんね。くせ毛の場合、断面形状が歪んでいたり、捩れていたり、凸凹があるため、光が乱反射し、ツヤが出にくいのが実情です。白髪であるなら、で余計にバサバサに見えがちです。そのような場合には、物理的に髪の形状を滑らかにする事が有効だと思います。髪質改善や縮毛矯正などのメニューがそれに当たります。
【グレイヘア の新提案】

グレイヘア上級者は白髪をハイライトっぽく見せる !

白髪の生かし方も多岐に渡ります。白髪の混じり方にもよりますが、黒髪部分を明るくして、白髪部分に少しだけ色を入れると、ハイライトっぽく見えなくもありません!毎回ハイライト入れるのも大変ですよね。この方法だと、ハイライトに比べ、時短にもなります。特に、白髪が30%〜70%程度の方にオススメです。
【グレイヘア の新提案】

白髪にハイライト(メッシュ)の注意点

50代を過ぎる頃から頻度が増す白髪染め「メッシュやハイライトという方法が、白髪が目立たなくなる」と聞き、繰り返しているうちに、気がつけば、毛先が明るくなり過ぎて、髪も傷んで広がってまとまらない。と言ったご相談をよく受ける様になりました。簡単な対策方法として「プラセンタ淡染めコース」を用意しました。年齢と共に細くなる髪を労わりながら、白髪を受け入れ 活かすメニューです。
【グレイヘア の新提案】

白髪を目立ちにくくするカラー 3選!

白髪を目立たなくするカラーリング方法として「ハイライト」「明るい白髪染め」「淡い白髪染め」などか挙げられると思います。それらの方法は年齢よりも白髪の量や生活環境によって選ぶと効果的だと思います。また髪型も重要ですが、最も大切なのは「しっかり染めから卒業する」という意識だと思います。頻繁な白髪染めから抜け出したい方のヒントになれば幸いです!美容室yippee東京
【グレイヘア の新提案】

白髪混じりにハイライトとローライト!

グレイヘアーの楽しみ方も多岐にわたるようになりました。頑張ってグレイヘアーにしたけど、思いの外黒髪が多かった...など、何だかモヤっとしてる方も多いと思います。白髪部分にローライト黒髪部分にハイライトを入れると、元の白髪染めに戻る事なく素敵にグレイヘアーを楽しめると思います。
【グレイヘア の新提案】

ブリーチされた白髪染めを白髪に馴染ませる!

グレイヘアに移行する際、今までの白髪染め部をブリーチする方は多いです。すると今度は、伸びてくる根元の白髪と、ブリーチ部分の境目が気になります。その境目のぼかし方については、白髪の割合やお肌の色や瞳の色を加味しながら、様々な提案をさせて頂いてます。脱色したものの黄色味が気になる場合の実例
【グレイヘア の新提案】

グレイヘアにハイライトで白髪を目立たなくする!

白髪を生かしたグレイヘアの選択肢として、ハイライト(メッシュ)は定番になりつつあります。ハイライトで入れる色は、あまりハイトーンになり過ぎると「白髪みたい」に見えがちなので、注意が必要です。
【グレイヘア の新提案】

ハイライトだけで白髪は目立たなくなるか!

ちらほら出て来た白毛...気になりますね。白毛の量によっては、ハイライトのみで、白毛のストレスを、ある程度緩和する事も出来ると思います。黒髪と白毛だけに、もう1色カラーを入れる事で、強いコントラストをぼかす発想です。美容室yippee東京原宿
【グレイヘア の新提案】

グレイヘアを育てて行く髪型!

グレイヘアを育てて行くにあたって、まず考えるべきなのは、髪の色よりヘアスタイルではないでしょうか。分け目がハッキリつかない髪型にするだけで、白髪のストレスは緩和されると思います。、白髪のストレスは緩和されると思います。更に、明るく染め直す事で、白髪との境目が馴染みやすくなると思います。
【グレイヘア の新提案】

白髪が目立たない髪型に!

「染めてもすぐ気になってくる白髪,,,」の相談を受ける中で、私が心がている事は、ご要望を聞きながら、まず、カットだけで、白髪が気になりにくい髪型を提案する事です。頭頂部の長いボブのようなヘアスタイルを好む方の場合でも、前髪を独立させず、顔まわりとつなぐことで、ある程度白髪は目立ちにくくなると思います。白髪がすぐになってしまう方は、染める色自体に捉われがちですが、ヘアスタイルも含めて考え直したた方が得策な場合も多いです。
テキストのコピーはできません。