セルフカラーの「色むら」を修正!

自分で白髪染めをされてる方は少なくありません。

中には
色んなタイプのカラーを試して
ご自身でも何で染めたのか?
分からなくなってる方もいます。

往々にして言える事は
自分でカラー剤を
塗りやすい所は
色素が何度も重なり黒くなり
塗りにく所は
薬の浸透圧が弱く染まりが悪い…

どの程度 修正できるか?
1つの実例をご覧ください。

セルカラー(ヘナ)の繰り返しで毛先が真っ黒状態

典型的なセルフカラーの失敗

自分で白髪染めを繰り返した典型的な例です。

Step1 真っ黒な毛先をカット

自分でヘナし過ぎで真っ黒になった毛先をカット

高頻度で繰り返したヘナは脱色が効き難いので
無理をせず 毛先はそのままで
なるべく沢山切って対応します。

分け目がはっきりつかないヘアスタイル
にすることも有効です。

Step2 ギリギリの明るさで既染部と馴染ませる

自分でカラーした色むらを馴染ませる

根元の白髪部を暗い毛先と馴染む
ギリギリの明るさで染めます。

1連の流れ

自分でヘナし過ぎで真っ黒の色むらを直す

自分で白髪染めした色むらを直す

この流れを繰り返す事で
ナチュラルな髪色で
心地よく過ごせる事を目的としています。

ビフォー アフター

自分で白髪染めしたら色がむらむらを直す

自分でヘナし色がムラムラを直す

内側もしっかり修正します。

コロナ禍もあり
セルフカラーの傾向は高まるのかもしれません。

その際 注意して頂きたいのは
「不必要な部分にカラー剤を付けない」
事に尽きます。

できる限りセルフカラー等の
色むらの修正にお応えしたいのですが
私に「できる事」と「できない事」がありますので
事前の「お問い合わせフォーム」のやり取りから
施術させて頂く形式を取らせて頂いてます。
是非 合わせてご覧頂きたい記事!
明るくできるヘナと 明るくならないヘナ!?
多くの方の黒染めを明るく染め直して、グレイヘアへ移行するお手伝いをさせて頂いてます。しかし稀にどう頑張っても、日本の薬事法を守る限り、明るくする方法が見つからない場合があります。それが現在の私の実力です。でも諦めません!じゃどうするか?私なりの考えをまとめてみました。
グレイヘアに移行期もオシャレに過ごす!
グレイヘアに移行途中の3人の実例です。無理なく段階を踏んで、移行期もオシャレを楽しみながらグレイヘアを目指しては如何でしょう!
「グレイヘア」の作り方から移行期も素敵に過ごす 白髪ぼかし の実例集!
グレイヘアの作り方や移行のお手伝い、白髪を活かしたおしゃれな 脱 白髪時め ぼかしカラー、移行途中のメンテナンスや髪型を実例画像を添えて、分かりやすく解説してますので、是非ご参照ください。お客様が快適になって、気分が前向きになって頂くためのメニューです。美容室yippee東京表参道
40代からの女性が安心して通える 東京 表参道の小さな美容室
40代になると洋服屋さん、美容室、レストラン等で「必要以上に周りに気を使ってしまう傾向がある。」というデータがあるそうです。せっかくのリフレッシュの時間なのに...ミドルエイジが安心して通って頂けるよう心がけている東京の美容室です。50代 60代のお客様も沢山いらっしゃいます。
小さな美容室 yippee 東京 表参道

テキストのコピーはできません。