白髪ぼかし

【グレイヘア の新提案】

白髪ぼかしの種類と実例集!

従来の「白髪染め」にストレスを感じてる方なら、「白髪ぼかし」とか「白髪ハイライト」などの言葉が気になっているのではないでしょうか?美容院によって様々な解釈がありますが、私は「脱白髪染め」の第1段階「白髪を目立ちにくくするカラー」として取り組んでいます。考え方としては、周りの髪同士のコントラストを和らげたり、複数の色をちりばめる事で、白髪を目立たなくさせる発想です。方法は白髪の割合や密度、既染部の状態、ダメージ等によって変わります。頻繁になってしまった「白髪染め」の緩和策になれば幸いです。
【グレイヘア の新提案】

「白髪ぼかし」を活かす髪型!

グレイヘアを活かす方法として「白髪ぼかし」も挙げあれると思います。そして「ぼかした髪色」を活かす髪型も合わせて考えるべきでしょう。往々にして白髪は 気になりやすい顔周りから頭頂部にかけて増えていきますが、意外と後頭部は黒髪が多いケースは多々あります。シンプルに白髪に軽くカラーを発色させる場合、黒髪はほぼ発色しないため、白髪部分で全体を覆うボブのようなヘアスタイルだと素敵に見えます。
【グレイヘア の新提案】

白髪ぼかし 4つの方法!

白髪が気になる方は「白髪ぼかし」という言葉をよく耳にしますね。美容院によって、様々な解釈があると思いますが、私は「白髪が目立たないカラー」として取り組んでいます。ハイライトや淡染などの組み合わせによる4つの方法を実例で具体的にまとめてみました。白髪で悩む方の 緩和策の1つとして ご参照して頂ければ幸いです。白髪をグレーに染めたい場合や、ゆくゆくグレイヘアに移行したい方にも参考になると思います。美容室 yippee 東京
【グレイヘア の新提案】

白髪染めの境目をぼかす2ヶ月目の検証

白髪が気になる理由に、「白髪染め」した部分と「生えて来た髪」の部分の「境目」がクッキリ分かれてる事が挙げられます。そんなストレスを緩和させるために、既染部 と 新生部 をもっと馴染む染め方はないか?検証してみました。「3週間に1度の白髪染めに疲れた。」「白髪はあって当たり前と感じてる。」「ゆくゆくグレイヘアーに移行したい。」と考えてる方にオススメしているメニューです。
テキストのコピーはできません。