既に染めてる白髪染めが明るくならない場合

これまで多くの暗い白髪染めに方々を

明るく染め直してきました。

目的は

  • 若々しくなってもらう事
  • 白髪染めの頻度を減らす事
  • そして気分良くなってもらう事

です。

「グレイヘア スタイル」の新たな提案!
「白髪を黒々と染めるのは もはや時代遅れ」と感じてる美意識の高い女性は増えてます。かと言って、ありのままでは ただのズボラな人?そう感じてる方へ「白髪を生かした明るく淡い白髪染め」「暗い白髪染めを明るく染め直す」「グレイヘア への移行期もオシャレに」を実践した実例画像集です。40代 50代 60代 グレイヘアはもっと楽しめます!美容室yippee東京 原宿
しかし

ごく稀に思ったように明るくならない場合があります。

それは、それまで使用していたカラー剤の特性もありますが

選ぶ色と染める頻度や染め方

に問題があると考えてます。

例えば

セルフでインディゴのヘナを

2週間に1度 60分以上放置等で染めてた場合

必ず既に染まってる部分にも色素が重なっていき

色は抜けにくくなります。

ヘナが明るくならない実例

ヘナで染めた所が明るくならない

じゃあどうするか?

既に黒く染まった部分を明るくする工程を

薬のパワーを調整しながら

2回はトライします。

それでも明るくならない場合

髪のダメージも考え

お客様納得の上で

黒い毛先を切りながら

根元に明るい色を入れて行く方法に

シフトします。

ヘナが明るくなりずらい

ヘナが抜けない

ヘナが明るくならない

少し時間はかかりますが

明るく出来ます。

小さな美容室 yippee 東京 原宿
テキストのコピーはできません。