髪が傷む過程を知るとで始めるヘアケア!

快適なヘアーライフを送って頂く事が私の仕事です。

美容室で「髪傷んでますね」と言われた方も多いと思います。
サロンでトリートメントする事も大切ですが
髪が傷む過程や原因をイメージできれば
もっとヘアケアにも身が入り
ダメージも最小限に抑える事ができるのではないか?
という想いでこの記事を書いてます。

髪はどのように傷んで行くのでしょう?

髪の構造に似ている「カッパ巻き」をイメージすると分かりやすいです。

髪の毛の構造

表面の「のり」がキューティクルです。

髪の構造

この「のり」(キューティクル)が下記の原因で一部剥がれます。

キューティクルが剥がれる

するとそこからご飯粒(タンパク質)がこぼれてしまいます。

タンパク質が流れ出す

その周辺は水分がなくなり(髪がパサつく)
水分の差によってうねりを生じます。(ヘアスタイルがまとまらない)
髪がまとまらない

という一連の流れがあります。

ちなみに長期間 髪を切らないと
毛先の水分が無くなり
枝毛となrって行きます。
枝毛になった髪

キューティクルはどんな原因で剥がれる?

考えられる要因は

  • 無理やり髪を梳かす
  • 髪が濡れてる時の摩擦
  • 肩に触れる時の静電気
  • 紫外線
  • カラー剤やパーマ剤
  • 何ヶ月も髪を切らない

などが挙げられます。

そこに加齢が加わり
元の毛が細くなるとダメージは加速されます。
特に40代以降は強く意識してケアする事をオススメします。

自分でできるヘアケア対策は?

まずアウトバストリートメントなどでクシ通りをよくしましょう。
(水溶性のモノがオススメです)
フリークスリーク

そしてドライヤーでしっかり乾かしましょう。
(生乾きでは不十分です)
ヘアビューザー

外出時は 紫外線カットスプレーなどサッとひと吹きしましょう。
(静電気防止にもなります)
紫外線対策スプレー

面倒ですか?
ほんの少しの髪への気遣いを習慣にすることで
髪は応えてくれると思います。
取り戻しましょう!美しい髪!!

yippeeのトリートメント施術例

色んな人から羨ましがられる髪に
忙しさに忙殺されて、気がつけばツヤのないバサバサな髪... 鏡を見て「こんなの私じゃない!」と思ってる方もたくさんいらっしゃいます。大丈夫です!ちゃんと自分に合ったトリートメントを続ければ、美しさは取り戻せます!
美容院のトリートメントの落とし穴?
に続く

美容室でのトリートメントの落とし穴
毎月美容院ででトリートメントして頂いてるにも関わらず、以前より痩せてくる?それは 強い吸着力やコート力により擬似キューティクルが剥がれる際に内部に吸着したトリートメントが元の髪にあった成分をくっ付けて 一緒に剥がれてしまうから?

小さな美容室 yippee 東京 原宿

テキストのコピーはできません。